ちまトレ株日記

ちまちまと投資を続けていくブログです。

指定期間 の記事一覧

下手だなぁ~、私。

2014.05.01 (Thu)



今日は、意外高でした。



朝方の様子では、結果とは逆方向に行っても不思議ではなかったような気がしますが、上に行きましたね。




私のトレードは、「ドヘタにも程があるぞ…私よ」と、自嘲したくなるような結果でした。




gmo-sec-tradesummary-20140501.gif




買ってだめ、売ってだめ、後場一番にて試合放棄しまいした。




まず銘柄のチョイスが悪すぎる…。




こうまで負けたら詮方なし、と太平洋興発も処分してしまえ。




そうして、金利と手数料を証券会社に献上しただけに終わりました。




あとアデランスは新たな条件に則り、利益確定。




そして新しい武将銘柄を参戦すべく、ある銘柄に指値を出していましたが、上がってしまって今日は買えていませんでした。





今日の【ちまトレ結果】には、アデランス分は含まず計上したいと思います。




【今日のちまトレ結果】



確定損益  -12726円




あ~、デイトレはしばらく休もうかしら…。




そうそう、北海道電力の上昇は気持ちが良かったですけれどね。


良い事は、それだけでした(-"-)




ではでは See you!!



関連記事

株式戦国列伝 その15

2014.05.01 (Thu)


【尾張三英傑と利家銘柄の含み損益】



小田原機器(織田信長)  100株  +2100円


ヒト・コミュニケーションズ(豊臣秀吉)  100株  -6000円


タマホーム(徳川家康)  100株  -9800円


シンバイオ製薬(前田利家)  100株  -1600円



【損益】  -15300円


【功労者】  

明智光秀(アデランス)  +30796円


経緯を知らない方はこちら




~岐阜城にて~




伝令 「申し上げます!」


信長 「申せ」


伝令 「ハッ! 松永弾正久秀様が攻める浦江城に続き、畠中城が落城。明智光秀様がご入城された模様にございます」


信長 「よし! 畠中城が我が方に落ちたか。あのハゲもなかなかやる」


伝令 「前田利家様らの軍勢も、これを機に敵方を押し返しつつある模様と聞き及んでございます」


信長 「そうか、ではこの俺様もこうしてはのんびりはしておれぬな」


お濃 「また、戦に出られるのですか」


信長 「機は待ってはくれぬ。天王寺に向かうとしよう」


お濃 「濃は、もう少し信長様と過ごしとうございます」


信長 「フ…。道三が死んで、おぬしの中にも蝮の血が絶えたか」


お濃 「蝮の血は、濃の中に今も流れたままにございます。ですから、もう少しその蝮の生血を吸って、ご養生されたら、と申しているのです」

信長 「蝮の生血か、面白い! まぁ、良い。そうも急ぐことはなかろう。戦場が騒がしくなってくるは、もう少しあとになるだろうからな」





~天王寺~



家康 「光秀殿が、畠中城に入られたようだな」


利家 「これで少しは優勢となりますかな」


秀吉 「いえ。畠中へ入られたは良いとして、周囲の街道などの警戒は怠れませぬ。誰かを向かわせ、あの周辺を固めてしまう必要がございますゆえ、どなたかを援軍に…」


家康 「信長様が岐阜におり、不在ゆえに勝手な行動は許されまい。あのお方のことじゃ、浦江と畠中の落城を聞いて、今に戻ってくるに相違ござらん」


秀吉 「では、それまでに畠中周辺の護衛に誰を向かわせるのか、案じておかねばなりませぬな」


利家 「信長様のことじゃ。そのあたりのことは当に思慮しておるのではございますまいか」


家康 「うむ。有利な状況と知って、のんびりと奥方様と養生したりなどするお方にござらぬゆえ、そのあたりの思慮もしつつ、早晩にでも出立しておるはずじゃ」


利家 「うむ。それに相違ござらぬ」


秀吉 「では、心配はご無用にござるな」


家康 「明日あたりまで小競り合いが続いて、しばし睨み合いじゃろう」


秀吉 「異存はありませぬ。ただし、その機を狙って本願寺が手を打ってくる可能性もございます。弾正久秀殿や雑賀衆の動きなどには目を離せませぬ。それにいつ近江付近で浅井、朝倉が動きだすのか…」


利家 「信長様の道中は、大丈夫だろうか」


家康 「不安じゃが、忠佐がついて居る。もしものことがあっても、命を懸けて守り切ろう」


秀吉 「心強い限り。お館様も今頃は、馬を飛ばして夜通し道を急いでおられることでしょうな」


利家 「違いない」





~岐阜城にて~




信長 「ぐはははッ! これお濃よ、灯りを消せ! 生血を飲ませい!」



お濃 「はい♡」




※当たり前ですが、思いっきりフィクションです。



関連記事
 | HOME |  Next »