FC2ブログ

ちまトレ株日記

ちまちまと投資を続けていくブログです。

「強引な連想買い」によるトレード実験  ~戦国編~

2014.04.07 (Mon)
さて、新たに連想買いを行いました。


以前、「じげん」の含み損を相殺するため、「じげんとゆかいな仲間たち」としてルパンや銭形警部などのメンバーを連想し、強引なこじつけにて銘柄を揃え、見事にプラスで決済できました。


先回は、「含み損を解消するため」の連想買いでしたが、今回は「利益を出すため」の強引な連想買いの試みです。



今回のメンバーは以下の通りです。



● 小田原機器(7314)  100株  買値 1012円


● ヒト・コミュニケーションズ(3654)  100株  買値 1829円


● タマホーム(1419)  100株  買値 843円


● アデランス(8170)  100株  買値 1139円




さて、どこが「連想買い」なのか、ということですが、それを以下に記していきます。




もちろん、「強引な連想買い」ですから、理由もかなり「強引」です。





● 小田原機器  (織田信長)


織田信長 → 本能寺で自害 → 腹切り → オダ ハラキリ → オダ ワラキキ → 小田原機器



● ヒト・コミュニケーションズ  (豊臣秀吉)


豊臣秀吉 → 信長から猿と呼ばれていた → 猿 → 類人猿 → 現生人類 → ヒト → ヒト・コミュニケーションズ


● タマホーム  (徳川家康)


徳川家康 → 家康 → 家安 → 家が安い → タマホーム



● アデランス  (明智光秀)


明智光秀 → 信長からキンカ頭と呼ばれていた → キンカ頭 → ハゲ → 毛を増やしたい → かつら → アデランス






このように、戦国武将になぞらえた「強引な連想」となりました。




名付けて【尾張三英傑と明智光秀銘柄】です。





そして、手仕舞い条件は以下のとおり。



● 各銘柄の含み損益が+5万円に達したとき
 
 (全銘柄購入金額での利回り計算で約10%)


● いずれかの銘柄が倒産したとき


● いずれかの銘柄が粉飾などで株式市場から追放されたとき


● 私自身が破産したとき

 (或いは生死に関わる事情のために損切を余儀なくされたとき)


● 私自身が死んだとき




以上が手仕舞い条件となります。



この条件を達成しない限りは、ガチホールドとなります。





さて、先回の「じげんとゆかいな仲間たち」で強引な連想買いによる取引の勝率は一応100%です。



今回の取引は、どうなるでしょうか。





日経が少し調整機運なので、もう少し下で拾っても良さそうではありますが、あまり下値で拾うと騰がった時に、「単に拾った位置が良くて、地合いにつられて騰がっただけじゃんか」と言われそうなので、「ちょっと高いな…」と思いながらも、今日の下落で買ってみました。




応援よろしくお願い致します(^o^)丿






関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック