FC2ブログ

ちまトレ株日記

ちまちまと投資を続けていくブログです。

株式戦国列伝 その9

2014.04.18 (Fri)



【尾張三英傑と光秀と利家銘柄の含み損益】



小田原機器(織田信長)  100株  -1400円  


ヒト・コミュニケーションズ(豊臣秀吉)  100株  -15200円


タマホーム(徳川家康)  100株  -5400円


アデランス(明智光秀)  100株  +9000円


シンバイオ製薬(前田利家)  100株  -200円



【損益】  -13200円


※ 経緯を知らない方はこちら





~天王寺にて~



秀吉 「お館様。我らが兵は、今日も一進一退の攻防を続けておりまする」


信長 「大勢では有利でも、敵方も方々より攻撃を仕掛けておるようだな」


秀吉 「御意にございます。江戸の方より麻生氏の公言もあって、大きく我らに大勢が傾くかと思いきや、この公言を撤回とまでは至らずとも、控え目に訂正されたことにより、やや味方の士気が伸びきらぬ様子にございます。


信長 「ふん! 江戸側の戯言など、算用のうちに含んではおらぬわ」


光秀 「それに、敵味方の多くが現在の戦局を模様見をしているようで、兵の体力を温存しておこうと言う思惑が見え隠れしておりまする」


家康 「派手に動く日ではござらぬな」


信長 「サル、調略の方はどうなった」


秀吉 「は! 細川信良、三好政勝、香西長信らが寝返りを示唆しておりまする」


信長 「さようか。さすがはサルはサルでも、狡猾なサルじゃ!」


秀吉 「お館様、畏れながら申し上げまするが、このサルめを狡猾とは人聞きが悪うござる。狡猾なるは、あっさりと寝返りを考える者たちのことかと」


信長 「フフ…、もっともじゃ。だがそれらを利用しつつ敵方を追い詰めて行かねば、この戦に勝利はない。多くの武将らが模様見の状況では、検尿はいまだトイレで…、否、顕如はいまだ道理で動かぬわけじゃ」


光秀 「されど油断はなりませぬ。こうした中でこそ敵方は機を伺い、水面下にて合力の義を高めているやもしれませぬゆえ…」


信長 「言うに及ばず、じゃ。分かっておる。貴様はこの俺様を誰だと思うておるのじゃ。仮にも天下を治める織田信長であるぞ。そのような忠告は、無用の極致じゃ。貴様はどうも理屈ばかりを並べ、臆病なことばかり申しておる」


光秀 「は。されど、戦は慎重でなければならぬものと心得まするゆえ…」


信長 「もう良い、貴様は下がれ」


光秀 「…は」


信長 「下がれと言うておる!」


光秀 「ははっ! ではこれにて失礼致しまする」


家康 「まぁまぁ、お怒りなさるな、信長殿。さて、今日は疲れたゆえ、私もこのへんにて」





信長 「しかし、つまらぬのう…」


秀吉 「光秀殿の進言にございまするか」


信長 「たわけ! 奴の進言などは取るに足らぬ。つまらぬのは、お濃がおらぬことよ」


秀吉 「奥方様にござりまするか」


信長 「そうだ。時に、ねねは達者でおるか」


秀吉 「お蔭様を持ちまして、達者にございます」


信長 「お前は浮気者であるゆえ、いつもねねを悲しませておろうが」


秀吉 「何を申されましょうか。この秀吉が妻は、ねねを置いて他にはございませぬ」


信長 「さようか、あまり悲しませぬよう、大事にいたせ」


秀吉 「ハッ…!」


信長 「時に、利家はどうしておる」


秀吉 「お館様への報告のため一旦は天王寺まで馳せて参りましたが、今朝早くに陣地に戻られました」


信長 「そうか。では今宵、わしの相手をするがはたれじゃ」


秀吉 「…へっ?」


信長 「たれじゃ」


秀吉 「えっと…。では、どこぞの町娘でも連れて参りましょうか」


信長 「町娘では、満足せぬ」


秀吉 「では…、では、このサルめが…」


信長 「サルには夜の用はない。フフ…、困っておる様子じゃの。さすがの貴様も機転が利かぬか」


秀吉 「と、申されますと?」


信長 「早く、さらって来い」


秀吉 「さらって?」


信長 「そうだ。三好政勝らの妻子をさらって来い。そうして戦を有利にせよ。有利にして戦を終えれば、お濃の待つ岐阜へ戻れるはず。わしの欲求を満たすには、それしかないぞ。あらゆる手を尽くせ、そうしてこの戦に勝利し、岐阜に戻る!」


秀吉 「さすがはお館様! 承ってございまする」


信長 「すぐに手を打て」


秀吉 「は!」


信長 「おい、ここに酒を持って来い! サルよ、今夜は前祝じゃ。今宵はわしも少し飲もうかのう」


秀吉 「はい♡」


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック